こだわりの製本
ノートの製本には、ミシンで綴じた「糸かがり」見た目の綺麗な「無線綴じ」ホッチキスのような針でとめた「中綴じ」などの製本があります。
当社のノートは、もっとも耐久性にすぐれた「糸かがり」製本を採用しております。
●製本見本 糸かがり製本(当社販売ノートに採用)
左写真のようにノートの綴じ部分が、丸くなっている。
たとえばA5判のノートであれば、倍のA4判大きさの紙の真ん中を糸でとじている。したがって、酷使しても、ページ1枚が欠落することはない。
●製本見本 無線綴じ製本
左写真のようにノートの綴じ部分が、きれいに角張っている。
1枚1枚が綴じ部分でのり付けされているので、酷使すると右の写真のように破れることがあります。現在では改良が進み破れにくくなっていますが、耐久性では糸かがり製本に劣ります。